produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

日本からブラジル(サンパウロ)までの所要時間は?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2014.06.10 更新2017.07.26

ブラジル旅行(サンパウロ)を計画しています。これまで海外旅行は何度か行ったことはありますが、ここまでの長距離旅行は初めてのため、少し不安です。ブラジル(サンパウロ)到着まではどのくらい時間がかかるのでしょうか?

ブラジルへの直行便はなく、北米乗継で25時間。米国入国手続も必要。

日本からブラジルへの直行便はなく、北米などで乗り継いで行くのが一般的です。日本からサンパウロまでの所要時間は、乗継時間を含めて25~28時間ほどかかります。太平洋路線を利用する場合、日本を夕刻から夜に発ち、日付変更線を超えて乗り継ぎます。時差があるので、日本を発つ日の翌日、現地時間の朝に、サンパウロに到着します。


アメリカ系航空会社を利用した場合の例で、成田からダラス・フォートワースまでの飛行時間が約11時間半、ダラスからサンパウロまで約10時間です。成田からニューヨーク・JFKは約13時間、ニューヨークからサンパウロが10~14時間かかります。復路は、サンパウロを夜発ち、翌々日の午後に成田に到着します。


また、ヨーロッパや中東を乗り継いで行くこともできます。韓国・仁川経由で、ロサンゼルスから乗り継いで行く方法もあります。その場合の乗継回数は、日本からサンパウロまで2回です。


中東・ドバイ経由は、乗り継ぎの待ち時間が比較的短いパターンでサンパウロに行くことができます。航空料金も比較的安いので、中東系の航空会社を利用する方も少なくありません。復路は、サンパウロを深夜に発つものもあり、空港への移動には注意をしましょう。


ほかの都市では、乗継におおむね6時間程度は要します。いずれにしても国際線を乗り継ぎ、長時間飛行となるので、体調管理に気をつけましょう。また、リオデジャネイロへは、ニューヨーク・JFK経由で約25時間半が所要時間です。


なお、アメリカの都市で乗り継ぐ場合は、アメリカ入国の手続きESTA(エスタ)が必要です。エスタとは、アメリカの電子渡航認証システムで、ビザ免除プログラムを指します。インターネットで申請が可能で、エスタ申請時に14米ドルをクレジットカードで支払う必要があります。


詳しくは、在日米国大使館のエスタ申請公式ウェブサイトをご覧ください。米国内での乗継は、手荷物検査も厳重なので、余裕をもってスケジュールを組むようにしましょう。


「ESTA・ETASなどの登録を忘れた時の対処方法とは?」はこちら

http://japanda-ch.jp/trouble/trip/500126.html


※ブラジルには治安が悪いエリアもあります。外務省発表の危険情報をよく確認し、行動には十分に注意をしてください。


観光ジャーナリスト 千葉千枝子

日本の明日を担うインダストリーとしての観光を応援しています。

旅をテーマにさまざまな角度から魅力やノウハウをお届けしています。旅は人生をより豊かにしてくれるツールです。古今東西、老若男女のエネルギーの行く先を、私、千葉千枝子が自信をもってナビゲートします。

【URL】 http://www.longstaystyle.com/
【経歴】 淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。
【著書】 「JTB旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)、「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)など多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す