produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

eチケット控えを忘れてしまった時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2012.03.30 更新2017.08.01

来月、福岡まで初めて1人旅に行く予定です。航空券をインターネットで購入したのですが、「eチケット控え」だけで、特にきちんとした航空券はありませんでした。eチケット控えだけで飛行機に乗れるのでしょうか?また、もしeチケット控えを忘れてしまった場合はどのように対処すればいいのでしょうか?

eチケットがなくても予約購入手続きが済んでいれば大丈夫です。

eチケット控えを忘れた場合は慌てないで、まずは航空会社のカウンターへ行き、お名前と利用する航空会社の便名、利用日時、目的地を伝えてください。eチケットとは端末上に存在する電子航空券なので、落としたり、失くしたりしても大丈夫。予約番号を控えていれば、再発行もスムーズに行えます。自動チェックイン機で、端末に必要事項を打ち込むことで、搭乗手続きに進むこともできます。


ただし、国際線利用の場合は出入国審査にともないeチケットが必要な場合がありますので、

<1>コピーをとっておく

<2>違う手荷物にコピーしたものを入れておくなどするとよいでしょう。


かつての航空券は有価証券の一種で、紛失すると再発行ができない仕組みでした。しかし電子化されてからは、予約・購入がなされている以上、何度でもプリンターを使ってeチケット控えを発行することができます。旅先であっても、プリンターと接続できるPC環境があれば再発行ができるので、とても安心です。


観光ジャーナリスト 千葉千枝子

日本の明日を担うインダストリーとしての観光を応援しています。

旅をテーマにさまざまな角度から魅力やノウハウをお届けしています。旅は人生をより豊かにしてくれるツールです。古今東西、老若男女のエネルギーの行く先を、私、千葉千枝子が自信をもってナビゲートします。

【URL】 http://www.longstaystyle.com/
【経歴】 淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。
【著書】 「JTB旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)、「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)など多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す