produced by 損害保険ジャパン

トラブル解決術

排水管が水漏れした時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2011.07.25 更新2017.03.16

洗面台の下から水が流れてきました!どうやら排水管から水が漏れているようなのです。拭いても拭いても水が出てきてしまうのですが、応急処置のような対処方法はありますか?

蛇口を締めても水漏れが続くなら、まず止水栓を締めて

●止水栓を止める

水を使っていないのに、ずっと漏れつづけているという場合は、排水管ではなく、給水管が破損している可能性があります。少量でもずっと水漏れが続くと、水道代もどんどんと高くなってしまいますので、気づいたら、すぐに対処をしてください。

まずは部屋の中の蛇口をすべて締めてから、屋外にある水道メーターを確認してください。パイロットと呼ばれる部分が回転しているときは、どこかで水が使われていることを示しています。この場合、水漏れの可能性がありますので、メーター内にある止水栓を回して、水を止めてください。


●パッキンを交換する

水漏れの原因の多くは、蛇口や排水トラップで使われているパッキンが摩耗したことです。この場合、新しいものに交換すれば、水漏れは止まります。

蛇口部分からの水漏れのときは、ナットを回して蛇口をはずし、その内部にあるパッキンを新しいものに交換します。蛇口の形状によっては、2か所以上にパッキンが入っていることもあるので、注意してください。

また、洗面台の下のU字やS字となった排水トラップと呼ばれる部分から水漏れしている場合、この中のパッキンが摩耗していたり、トラップそのものに穴や亀裂が入っていることも考えられます。これらを交換するには、トラップ内には水を受けられる洗面器や雑巾等を用意してから、トラップを止めているナットをはずしていきます。水漏れをしている部分のパッキン、もしくはトラップを交換したら、あとは、元のとおりにナットを締めれば完了です。止水栓を開いて、水漏れをしていないか確認しましょう。

ちなみに、ナットは手で外せるものもありますが、蛇口のパッキンを交換する場合はレンチやスパナ、ドライバーなどの工具が必要です。パッキンや排水トラップや工具はホームセンターなどで購入できます。


●どこから水漏れしているのかわからないなら

自分では修理が難しいとき、水漏れの場所や原因がわからないときは、水周りの修理業者に依頼をしましょう。なお、賃貸物件での修理の場合、緊急時以外は大家さんや管理会社に連絡をとってからにしてください。


暮らしのコラムニスト 河野真希

暮らしの中の“困った”を解決するお手伝いをします。

WEBや雑誌等を通じて、料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを目指すライフスタイルを提案しています。暮らしの中で突然起こるトラブルをすばやく的確に解決して、毎日を安全・安心に過ごしましょう。

【URL】 河野真希オフィシャルサイト http://kawano-maki.net/
【メディア】 「MEN'S NON-NO 」(集英社)、「女性セブン」(小学館)、「月刊SPA」(扶桑社)、日本経済新聞、朝日新聞、「ズームイン!!SUPER」 (日本テレビ)出演など多数。
【著書】 「ひとり暮らしの季節ごよみ」(祥伝社)
【監修】 「はじめよう!気持ちのいい暮らし」(PHP研究所)、「これで解決!ひとり暮らしのQ&A」(主婦の友社)他

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ