produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

アイスクリームの上手な保存方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2014.12.03 更新2017.03.16

先日、アイスクリームをたくさんお土産にいただき、冷凍庫に保存しています。我が家ではあまりアイスクリームは食べないので、中々減らないのですが、アイスクリームの賞味期限はいつまでなのでしょうか?アイスクリームの上手な保存方法について教えてください。

賞味期限がないので、正しい保存方法を知ることが大切です

アイスクリームのパッケージを見てみると、賞味期限や消費期限の記載がありません。実はアイスクリームは、賞味期限がない食品なので、保存期間よりも保存管理が重要になる食品。保存管理が悪いとおいしさが損なわれてしまうので、下記の保存方法を守っておいしくいただきましょう。


●きちんと管理された店で買う

スーパーのショーケースに並ぶアイスは、購入する際に商品がきちんと凍っていて、パッケージに霜がついていないものを選びましょう。お店の管理状態をよく見てから購入してください。


●溶かさないように持ち帰る

長時間常温で出しっぱなしにしていると、アイスは溶けてしまい、風味が落ちる原因になります。購入する際は、保冷バッグを持参し、他の買い物を済ませて最後に売り場に行くなどの工夫を。


●適温は-18度

適温とされる-18度以下で保存しましょう。ドアの開閉回数が多いと、庫内の冷気が逃げてしまい、温度も上昇するため風味を損ねる原因になります。無駄な開け閉めはしないように心がけましょう。正しい保存方法で、適温とされる-18度できちんと冷凍しておけば、いつまでもおいしくいただくことができます。


●再冷凍しない

1度溶けてしまったアイスクリームの再冷凍はお勧めしません。体に影響はありませんが、風味が落ちることで、本来のおいしさを感じることができません。


●なるべく空気に触れさせない

アイスクリームは空気に触れて乾燥すると酸化し、風味が落ちてしまいます。食べかけのアイスクリームを保存する際は、表面のデコボコを平らにしてラップなどで覆ってから保存しましょう。空気に触れる面積を少なくできれば、劣化を抑えることができます。また、食べかけのアイスは、庫内の汚れやにおいの原因にもなるので、なるべく食べきりましょう。


●においの強いものは側に置かない

アイスクリームはにおいがつきやすい食品です。庫内のにおいも吸収しやすいので、においの強いものの側には置かないようにしましょう。よりおいしくいただくために、冷凍用保存袋や冷凍用保存容器などに入れておくと、吸収しにくくなります。


料理研究家・ラク家事アドバイザー 島本 美由紀

食材保存の基本やアイデアと共に、おいしく食べるコツをお伝えします。

テレビや雑誌を中心に、手軽に誰でも簡単に作れる料理レシピを考案。料理だけにとどまらず、家事全般のラク(楽しくカンタン)を追求する「ラク家事アドバイザー」としても活動しています。暮らしのなかで抱える保存の悩みについて、アイデアと一緒にみなさんにご紹介していきたいと思います。

【URL】 島本美由紀オフィシャルサイト http://shimamotomiyuki.com/
【メディア】 「オレンジページ」(オレンジページ)、「ESSE」(扶桑社)、「女性セブン」(小学館)、日本経済新聞、「めざましテレビ」(フジテレビ)、「あさいち」(NHK)、「モーニングバード」(テレビ朝日)、「七色日和」(テレビ東京)などの出演など多数。
【著書】 「時間とお金が10倍になる!冷蔵庫お片づけ」(講談社)、「冷蔵庫スーパー片づけ術」(双葉社)、「ためず、忘れず、使い切る!『ストック食品』管理術」(亜紀書房)など、著書や監修本は25冊を超える。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す