produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

アドバイス一覧

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

海外旅行の節約方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2015.12.24

今度家族3人で海外旅行に行きたいと考えています。子どもが小さいうちに、できるだけお金をかけずに海外旅行に行けたらと思っていますが海外に出かけるのはこれが初めてで、難しいことはよくわかりません。海外旅行初心者でもできる簡単な節約方法を教えてください。

日程選びが重要!ツアーは家族構成にあったものをチョイスして。

最近は小さな子どもを連れての海外旅行も身近になってきました。せっかく行くのであれば、お得に海外を楽しみたいですよね。海外旅行初心者が子ども連れでも楽しめる節約ワザをご紹介します。


■旅行時期選びでウン十万の差!

旅行費用を決める一番のポイントはズバリ、旅行日程です。この日程選びを間違えると、かなり割高になってしまいますのでご注意を。一番割高なのは年末年始やお盆の時期。次に割高なのが、大型連休。また、学校の夏休みや冬休み、春休みの時期も費用は高額になります。可能であれば、これらの時期は避けましょう。まずはこれだけでかなり安く旅行することができますよ。


一例ですが、ハワイ6日の旅で同じホテルの大人1人あたりのツアー料金を比べると、お正月 55万円、大型連休45万円、その他の最安日 15万円程度と、日程の違いだけで数十万円の差になります。これが1人あたりですから家族全員となるとかなりの差ですよね。ちなみに、この最安になりやすい日は、仏滅の日曜出発。結婚式が少ないために、海外旅行の需要が少なくなり料金も安くなっています。


海外旅行初心者には、旅行会社が企画するファミリー向けツアーが利用しやすいでしょう。ツアー選びには、店頭のパンフレットだけでなくWeb限定ものなどもありますのでじっくり探すと思わぬ掘り出し物があったりしますよ。


■子どもは2歳未満がお得

海外旅行の子ども料金についてみておきましょう。多くの航空会社では、2歳未満を幼児として大人の10%の航空運賃としています。この場合幼児には座席がなく大人のひざの上に座ることに。そして、2歳以上12歳未満は小児として、大人の75%の料金がかかります。そのかわり座席も使えますし、料理のサービスなども受けることができます。


これを受けて、旅行会社のツアーも幼児料金や小児料金を設定していますが、その内容や金額設定は旅行会社やツアーの種類によって違います。ホテルのベッドの有無、食事の有無など差がありますので、自分たちの家族構成と受けたいサービスに一番お得な会社やツアーを選ぶといいでしょう。ここは、情報収集をしっかりとしたいですね。


■海外旅行でも手持ちのもので

海外旅行というと特別な持ち物を準備しないといけないと思いがちですが、そんなことはありません。普段の生活と同じものを持っていけば大丈夫です。化粧品や日用品などは小分けにすればいいですし、洋服も現地の気候にあった普段の服でOK。持っていく服は最小限にとどめて、現地で安い服を買えば、旅行の記念にもなり一石二鳥ですね。


子ども連れなら、使い慣れたぬいぐるみやおもちゃなどがあると、飛行機内で寝付けない時やぐずった時に役立ちます。節約海外旅行には、今あるものから必要なものを選んで持っていくのが基本です。


■現地移動はバス、地下鉄、買い物は現地スーパー

現地での移動は治安が許す限り、地下鉄やバスなどの公共交通機関を使うようにしましょう。タクシーについ乗りがちですが、料金は高くなります。旅先によっては、ツアーに現地トロリーバスのクーポンなどがついていることもあります。ツアーを選ぶときには、旅行代金だけでなく、このようなサービス内容を比べておくことも重要ですね。


買い物は現地スーパーがおすすめ。観光地のお店は価格が高くなりがちです。スーパーなら食料品やお菓子、飲み物、日用品、洋服、お土産も安く手に入ります。現地滞在の気分を味わいながら、お得に買い物を楽しんでください。


また、安いお店やお得な情報は事前に調べておきましょう。事前の情報収集をしっかりすることで、かなりお得に海外旅行をすることができますよ。


ファイナンシャルプランナー 福一 由紀

今後必要になるお金とその準備の方法についてご紹介します。

ライフイベントごとに必要になるお金の実態を把握し、その準備を万全にする方法をご紹介します。また支払いに欠かすことのできないクレジットカードの仕組みや利用方法をお伝えします。お得で便利なお金の支払い方法を考えていきましょう。

【URL】 マネーラボ関西 http://www.money-lab.jp/
【メディア】 「MORE」(集英社)「an・an」(マガジンハウス)「女性セブン」(小学館)、毎日新聞、読売新聞、神戸新聞、「ぐるっと関西おひるまえ」(NHK大阪)出演など多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

検索から探す