produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

アドバイス一覧

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

結婚式招待ゲストの決め方とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2014.01.29

結婚披露宴を控えており、色々と準備を進めています。披露宴の招待客について教えてほしいのですが、職場や親せき、友達などどのように招待ゲストを選べばいいでしょうか?また、結婚式から参列してもらう人は、誰にするのが一般的でしょうか?

結婚式に呼びたいのは誰か、それを考えるのがいちばん大切です。

招待者の具体的なリストアップをする前に、まず、呼びたいのはどんな関係の誰なのか、呼ばなければならない人は誰かなどを考えます。まずお互いに希望を出してみて、その人たちをお呼びする前提で、後から両家で調整するのがよいでしょう。


●人数のバランス

両家でお呼びする顔ぶれや人数のバランスが取れるのがベストではありますが、最近はそのためだけに人数を調整しなければいけないという考え方は薄れてきています。特に招待する人を無理に増やす必要はなくなっています。


例えば、新郎は長く同じ会社で働いていて、新婦は転職して間もないというような場合、新郎側は会社関係の方もお呼びするが、新婦側はお呼びしないということもありえるわけです。リストを基に両家で話し合って、顔ぶれや人数のバランスを決めましょう。


●挙式に誰を呼ぶか

挙式の参列は、挙式スタイルや式場の広さによっても異なります。基本的な考え方として、神前式は親族のみ、キリスト教式や人前式は親族以外も参列可能です。しかし、神前式でも広いところなら親族以外の参列をOKとしているところもあります。挙式に立ち会ってほしい方を考えて、その人数に合わせて式場を選べば大丈夫です。


余談ですが、来てほしい人には打診だけでなく、きちんと招待状をお送りしましょう。正式な結婚式への招待は、招待状をもって行います。一度確認して「行けないかも」と言われた場合でも、やっぱり来てほしいのであればきちんと招待状を出す、それが正しいマナーです。


ウエディングナビゲーター 清水 恩

結婚式や披露宴の準備に役立つ情報をご紹介します。

自分たちだけでなく、家族にとっても大切な結婚式。夢や希望はもちろんですが、どんな段取りで結婚式の準備を進めればよいのか、わからないことだらけですよね。でもせっかくの一生に一度のビックイベント!準備も楽しみながら進めていきましょう。

【URL】 http://www.prima-fraucommunity.com/
【経歴】 プロデュース会社を経て独立。コンサルティングやプランナー養成に従事し、2007年に Prima! を立上げフリーウェディングプランナーとしての活動を開始。カウンセリングから希望のスタイルに導くウェディングサポートに定評がある。結婚式に関する執筆や監修でも活躍中。
【メディア】 監修:「自分婚」(講談社)、「日本の結婚式」「日経レストラン アニバーサリー&ウェディング」など多数

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

検索から探す