produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

新幹線や特急列車の切符を紛失した時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2015.05.22 更新2017.03.16

帰省の際に、事前に新幹線の指定席を購入していたのですが、不注意で切符を紛失してしまいました。どこを探しても見つからないのですが、新幹線の切符を紛失した時はどのように対処すればいいのでしょうか?

切符を失くしたら再購入します。再購入時に「失くしました」のひと言、告げましょう。

新幹線にかかわらず、切符を失くした場合は再度購入しなくてはなりません。乗車前に、持っていた切符の紛失に気づいた場合は、「紛失再発行」の表示入り切符を購入することになります。また、乗車後に紛失した場合は、車内で乗務員にその旨を伝えて再購入することになります。そして下車駅で再収受証明を発行してもらいます。いずれの場合も、紛失したものと同じ条件(同じ区間・列車・設備等)で再購入することになります。


万一、あとから紛失した切符が見つかった時、再収受証明の発行日の翌日から1年以内であれば、所定の手数料(乗車券・自由席特急券は各210円、指定席特急券は320円)を差し引いて、払戻しができます。そのとき、見つかった切符と再収受証明書の両方を、窓口に持参しなくてはなりません。


ひと言で切符といいますが、切符には券種があります。新幹線や特急列車を利用する時、運賃と料金を支払います。運賃は距離に応じて計算され、乗車券として購入するものです。特急券や急行券、座席指定券などは料金にあたります。これらは、乗車券とは別の券で発行する場合と、運賃・料金を一枚の券にして発行する場合とがあります。ですから、紛失した券種によって、再購入する時の額や払戻しの手数料が異なるのです。


これら切符は、有価証券類です。無記名ですから、もしも拾った誰かが、なりすまして利用乗車したり、払戻しをしてしまう、金券ショップに持ち込まないとも限りません。乗車後、車内で検札をした後でも、紛失してしまえば再購入しなくてはなりませんから、失くさないよう注意しましょう。盗難の場合も、同様です。


ちなみに東海道新幹線と山陽新幹線では、クレジットカードで購入した所定の切符(指定席ならびにグリーン席)に限り、紛失して現物が出てこなかった場合でも、クレジットカード利用票を提示することで、後日、確認の上、返金する特例サービスを行っています。ちなみに、クレジットカードで購入した切符本体には、アルファベットの「C」の文字が綴られます。そして切符とは別に、クレジットカード利用票が渡されます。クレジットカード利用票は切符とは別に保管をすること。同時紛失を防ぐことができます。


クレジットカード利用票での紛失返金の手続きは駅窓口で行いますが、確認作業に時間を要するので、その場では返金がなされず、後日、銀行口座へ振込むなどの対応がなされます。紛失した切符が、すでに第三者によって利用換金された場合は、返金に応じてもらえないので、紛失に気づいたら早めに手続きをしましょう。


注意したいのは、「お得なきっぷ」と呼ばれる特別企画乗車券や、旅行商品として購入した切符(マル契乗車票と呼ばれるもの)、新幹線回数券は、同じ条件での再購入ができないものもあり、その場合、再購入には一般の運賃料金が適用されます。


※掲載した情報は、予告なしに変更する可能性があります。

詳しくは各鉄道会社にお問い合わせください。


観光ジャーナリスト 千葉千枝子

日本の明日を担うインダストリーとしての観光を応援しています。

旅をテーマにさまざまな角度から魅力やノウハウをお届けしています。旅は人生をより豊かにしてくれるツールです。古今東西、老若男女のエネルギーの行く先を、私、千葉千枝子が自信をもってナビゲートします。

【URL】 http://www.longstaystyle.com/
【経歴】 淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。
【著書】 「JTB旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)、「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)など多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す