produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

運転免許証を紛失した時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2016.12.14 更新2017.12.21

運転免許証をいつも財布の中に入れていたのですが、財布をどこかに置き忘れてしまい、運転免許証も同時に紛失してしまいました。運転免許証を紛失した場合、どのように対処すればいいでしょうか?運転免許証再発行の方法なども教えてください。

警察に免許証紛失の旨を届け出たあと、運転免許証の再発行手続きを!

運転免許証は運転免許センター等で再発行することができます。

運転免許証を不正に悪用されてしまっては困りますから、まず警察へ遺失届を出すことをおすすめします。


警察に遺失届を出す


運転免許証を紛失したことに気づいたら、最寄りの警察署や交番へ行き、遺失届を出しましょう。


運転免許証の遺失届を出しておくと、万が一紛失した運転免許証がお金の借り入れや商品購入の契約等に悪用されてしまった場合も「あなたが使ったものではない、借りたものではない」ということを示す証拠になります。


運転免許センター等で免許証の再交付手続きを


次に運転免許証を紛失したら、免許証の再交付を受けましょう。


[場所]

運転免許証の再交付は以下のいずれかの場所で受けることができます。


・運転免許試験場

・運転免許センター

・警察署


それぞれ運転免許証の住所地と同じ管轄の場所で受けることになりますが、再交付の手続きを受け付けていない警察署もあります。必ず事前に確認するようにしましょう。


また、運転免許証の住所地と実際の住所地が違う場合は、運転免許証に記載の住所地の管轄場所で再交付してもらう必要があります。


[持ち物]

運転免許証の再交付手続きには以下のものが必要になりますので事前に用意しておきましょう。


・顔写真(3.0×2.4cm)

・身元を確認するための資料(パスポート・健康保険証など)

・手数料(3,650円)


なお、地域によって受付場所や持ち物が異なる場合もあります。詳細については、あらかじめ管轄の警察署や運転免許センターにお問い合わせのうえ、手続きを進めてください。


万が一運転免許証が悪用されたら


紛失した免許証を再発行してもらうことはできますが、その間、紛失した古い運転免許証が悪用されてしまう可能性は残念ながら残っています。


最近は本人確認が厳しくなってはいますが、以下のようなケースが考えられます。


・携帯電話の契約をされて詐欺に利用

・消費者金融からお金の借り入れ

・クレジットを利用して商品を購入


万が一紛失したあと、免許証が不正使用され、身に覚えのない請求があっても、本人の意思に基づく契約ではありませんので、支払う必要はありません。

すぐに警察や消費生活センターなどに相談してください。


また、運転免許証をはじめとした身分証明書の紛失や盗難に遭ったことなどの情報を個人信用情報機関に登録することで、信販会社・消費者金融・銀行などの金融機関が審査をより慎重に行う「本人申告制度」というものがあります。


代表的なものとして以下があり、リスクを軽減するのに効果的です。

「株式会社 シー・アイ・シー(クレジット系)」

「全国銀行個人信用情報センター(銀行系)」

「株式会社 日本信用情報機構(消費者金融系)」

心配な場合は手続きをしておくことをおすすめします。


執筆: 暮らしのコラムニスト 河野真希


 


編集部からのコメント


運転免許証の手続きは平日が一般的!


河野先生の解説のように、運転免許証を紛失した場合は、警察署への届け出や、再交付手続きが必要になります。運転免許証の再交付手続きなどは、平日にしか受け付けていない場合が多く、日中仕事で働いている人は注意が必要です。


運転免許証の再交付手続きの詳細をご紹介していきます。


[手続き受付]


運転免許証の再交付受付は、一般的に平日の8時30分~16時00分に行われます。

再交付場所によっては受付時間帯が異なる場合がありますので、事前に確認してから行くようにしましょう。


[再交付期間]


運転免許証の再交付は手続きを行ったその日に受けることができます。

1時間程度で交付されることもありますが、混みあっていると時間がかかることもあるため、その後に仕事などの用事がある人は注意しましょう。


また、警察署で再交付手続きを行う場合は、運転免許センターと異なり受取までに2~3週間程度かかります。すぐに車に乗る必要がある人は、運転免許センターでの再交付手続きを選択しましょう。


[手数料]

運転免許証の再交付には、手数料として3,500円必要になります。


再交付後に失くした運転免許証が見つかった場合


再交付後は、紛失前に持っていた運転免許証は無効となります。

無効になった運転免許証は、返納が義務付けられており、運転免許試験場、運転免許センター、

警察署で回収しています。警察署は小さい交番でも受け取ってくれますので、お近くの交番へ届けましょう。


運転免許証を紛失すると、焦ってしまうかと思いますが、まずは落ち着いて警察に遺失届を提出し、悪用されないようにしましょう。


暮らしのコラムニスト 河野真希

暮らしの中の“困った”を解決するお手伝いをします。

WEBや雑誌等を通じて、料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを目指すライフスタイルを提案しています。暮らしの中で突然起こるトラブルをすばやく的確に解決して、毎日を安全・安心に過ごしましょう。

【URL】 河野真希オフィシャルサイト http://kawano-maki.net/
【メディア】 「MEN'S NON-NO 」(集英社)、「女性セブン」(小学館)、「月刊SPA」(扶桑社)、日本経済新聞、朝日新聞、「ズームイン!!SUPER」 (日本テレビ)出演など多数。
【著書】 「ひとり暮らしの季節ごよみ」(祥伝社)
【監修】 「はじめよう!気持ちのいい暮らし」(PHP研究所)、「これで解決!ひとり暮らしのQ&A」(主婦の友社)他

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す