produced by 損害保険ジャパン

トラブル解決術

転んで擦りむいた時の止血方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2011.06.21 更新2017.03.16

子どもが遊んでいる時に、転んで膝を擦りむいてしまいました。膝小僧を広い範囲で擦りむいており出血もしています。止血する際の正しい対処方法を教えてください。

擦り傷は、出血が少なくても菌の感染が恐いので、最初の段階で傷口をよく洗うことが重要!

傷口が砂や土で汚れている場合は、流水で擦らないように気をつけながら汚れを洗い流し、滅菌ガーゼをあてて包帯をします。最近は、かさぶたを作らず早く綺麗に直す方法として傷口を乾かさずにラップする方法もあります。(モイストヒーリング)


■直接圧迫の止血方法(出血が少ない場合)


1. 出血している傷口に滅菌ガーゼなどを当てて、両手で挟むようにガーゼの上から直接押さえる。


2. 出血が多い場合は、少なくとも4分以上押さえたまま、可能なら(骨折や傷害がなければ)患部を少し高くする。


3. 出血がおさまってきたら、ガーゼを外さずに上から包帯をする。


4. この方法でも出血が止まらない場合は、次の方法を試してください。


■止血点圧迫の止血方法(深い切り傷などで大量の出血の場合)


1. 大きな出血の場合には、傷のある少し上の動脈(脈を感じられる)を圧迫して止血を助ける方法をとります。


2. 腕の場合は、親指と四指で挟むように上腕の中央(脈を感じられる動脈)を握り、上腕骨に向け指で押さえつけるように少し強めに圧迫する。


3. 脚の場合は、骨盤と脚の付け根を結んだ線上に手拳を置き、下へ向けて体重を少し乗せながら圧迫する。


■応急手当の目的


今回は、誰でも簡単に身につけられる応急手当をご紹介いたしました。応急手当(ファーストエイド)とは、怪我や急病のときそれ以上「悪化させない」ように「苦痛を軽減」して、なるべく早く医師の手当てを受けさせることを目的としています。


ファーストエイド・インストラクター 鹿口恵子

突然のケガなどに、誰でもできる応急処置をご案内します。

突然のケガや急病の時に、「それ以上悪化させない」、また「苦痛を軽減」するために応急処置をご紹介していきます。日ごろから応急処置の方法を知っておくことで、突然の事故でも正しい対応が可能になります。

【資格】 財団法人日本交通安全普及協会チャイルドシート認定指導員。 東京都消防庁認定 応急手当普及員。 モータースポーツ・ライフセービング機構「ドライバー&子供の応急手当」インストラクター。 NPOキッズデザイン協議会会員。日本交通医学工学研究会会員。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。