produced by 損害保険ジャパン

トラブル解決術

安全なスキー場の選び方とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2012.03.15 更新2017.03.16

来週、友人とスキー場に行く予定です。私のスキー歴は3回程で、まだ初心者ですが徐々にステップアップしていきたいと考えています。安全にスキーを楽しむためのスキー場の選び方やコースを選ぶ方法を教えてください。

安全で上達が早いコース選びをご紹介します。

自分のレベルに合ったコースの選び方ですが、安全に楽しく上達するためには、コース選びはとても重要です。スキーヤーの方ですと、まずは初心者コースからがおすすめです。初心者コースではあまりスピードが出なくてワクワクしないかもしれないですが、初心者コースで長い距離を転ばない、こけないで滑ることを目標にしてみて下さい。続いて中級者コースに行き、スピードコントロールをしながら滑る練習、そして最後に上級者コースにチャレンジです。


初心者の人がいきなり上級者コースに行くと、斜度にびっくりしてしまい、腰が引けてしまいます。そうすると板をコントロールできなくなり、ターンもできない、止まることもできないという危険な状態になります。初心者コースでできていたことでも、上級者コースでは突然できなくなってしまうことは、スキーやスノーボードではよくあることです。危険な目に遭わないためにも、スキー自体を嫌いになってしまわないためにも、1つずつステップアップしていくことをおすすめします。


斜面の角度に関わらずスピードコントロールができるようになったら上級者コースにチャレンジしてみましょう。上級者コースの頂上は、とても急な斜面に感じます。そこで

腰が引けなくなって、気持ちにも余裕があれば十分です。中級者コースと同じようにトライしてみてください。


次にスノーボードのコース選びについてご紹介します。普通、初心者の時は初心者コースと思いがちですが、スノーボードの場合は、初心者コースから始めると大変です。スノーボードはスキーと違って両足を固定されているので、なだらかなバーンが続く初心者コースでは止まってしまうと、片足を脱いで慣れないスケーティングで進むことになります。緩斜面では、スノーボード特有の逆エッジになりやすいので注意して下さい。


最初は、緩斜面というよりスキー場のベースなどほぼ平らなバーンで、スケーティングやリフトの乗り降りに必要な片足での直滑降を練習します。その次はリフトに乗って中斜面に行って下さい。スキーでいうボーゲンは、スノーボードのバックサイドサイドスリップ(かかと側の横滑り)です。バックサイドサイドスリップは緩斜面よりも中斜面の方が逆エッジになりづらいので中斜面での練習をおすすめします。もちろん中斜面でスノーボードをまっすぐにして滑るのは絶対にNGです。必ずスノーボードは常に横にして、かかと側、つま先側の両方のサイドスリップを練習しましょう。自分の行きたい方向に自由にサイドスリップで移動するようになればOKです。


次は初心者コースに戻り、ターンを練習です。スノーボードにとってターン技術の習得が、初心者コース卒業の基準になります。行きたい方向に自由に進めるようになり、ターンも可能になったら、いよいよ中級コースでのターンにチャレンジです。スノーボードの場合は、2時間でもスクールに入るとターンまでの習得がぐんと楽になるのでおすすめです。


くれぐれも安全に気を付けて、ウィンタースポーツを楽しんでください。


JSBAプロスノーボーダー 橋本通代

スキー場での安全で楽しい過ごし方をご紹介します。

自身のソルトレイクオリンピックでの経験を活かし、 子どもスノーボード教室"KIRARA KAMP"を全国で開催しています。 ケガなく安全で楽しいウィンタースポーツを楽しんでいただけるための アドバイスを分かりやすくご紹介していければと考えています。

【URL】 KIRARA KAMP http://sbn.japaho.com/sbn/kirara/
【実績】 ソルトレイク五輪ハーフパイプ代表 JSBA公認プロ
【メディア】 NHK「夢の五輪へ」、BS日テレ「スーパースポーツマガジン」など多数。
【著書】 「はじめよう!スノーボード―よくわかる初中級レッスン」(スキージャーナル) 「スノーボード完全ステップアップ―フリーライディングでうまくなる 」(実業之日本社)

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ