produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

海外で盗難にあった場合の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2011.06.21 更新2017.03.16

もし、海外旅行中にバックなど、盗難にあった場合はどのように対処すればいいのでしょうか?英語が話せなくても警察に連絡した方がいいのでしょうか?

最寄りの警察に被害届を!カード会社や保険会社への連絡を早めに。

海外旅行先で置き引きに遭ったり、財布やカメラを擦られたりしたときは、まずは落ち着くことです。パニックにならないで、瞬時の冷静な判断で被害を最小限に抑えることができます。


現金はその場限り。それよりもクレジットカードの番号や盗難時の連絡先を控えていたら、すぐにカードを停めてもらうようカード会社へ電話を入れます。そして最寄りの交番(ポリス)に行って、被害届を作成してもらうようにします。海外旅行保険によっては24時間、日本語で対応してくれるものもあります。事件発生からできるだけ早くに、緊急連絡先へ電話を入れることをおすすめします。そのためにも、ちゃんと緊急連絡先を控えておくようにしましょう。


保険金請求には警察が発行した報告書が必要です。それからパスポートは大丈夫でしたか?パスポートがないと日本に帰国できません。早めに再発行の手続きをとらなければいけないので、一刻も早く再発行をしてもらうようにしましょう。


万一のために、クレジットカード番号と盗難時の連絡先を控え、パスポートや航空券はコピーをとり、なおかつパスポートサイズの写真を日本で用意してから旅立つように。財布などとは別の、例えばスーツケース内や客室に置いておくことで、もしものときに備えることができます。


観光ジャーナリスト 千葉千枝子

日本の明日を担うインダストリーとしての観光を応援しています。

旅をテーマにさまざまな角度から魅力やノウハウをお届けしています。旅は人生をより豊かにしてくれるツールです。古今東西、老若男女のエネルギーの行く先を、私、千葉千枝子が自信をもってナビゲートします。

【URL】 http://www.longstaystyle.com/
【経歴】 淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。
【著書】 「JTB旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)、「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)など多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

検索から探す