produced by 損害保険ジャパン

トラブル解決術

海外で現金引き出しの方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2011.06.21 更新2017.03.16

ゴールデンウィークにアメリカに海外旅行をした時に現金が足りなくなってしまい、カードでほとんどを対応したのですが、途中現金しか受け付けない店などがあり、大変苦労をしました。 海外から現金引き出しをする際にはどうしたらいいのでしょうか?

まずはクレジットカードが提携するATMを探します。日本円は小額紙幣を持参!

海外の小さな商店やガソリンスタンドなどでは、現金しか受け付けないケースが珍しくありません。特に旅の終盤ともなると、手持ちの現金が底をつき、両替をしようにも銀行が閉まっているなんてことがよくあります。


都市のいたるところにATM機があります。クレジットカードは、おもにCirrus(シーラス)かPLUS(プラス)のどちらかと提携しているので、まずは手持ちのクレジットカードを確認してください。カードに付されたマークと同じATM機なら、クレジットカードによるキャッシングが可能です。この場合、利息がかかるので、どうしてもというときに利用するとよいでしょう。


また、日本円は万札券だけでなく、五千円札や千円札を少し多めに持っていくと便利です。街中の両替商や銀行の窓口、さもなければ交換レートは割高ですが大きなホテルのキャシャーでも両替ができます。カードの利用枠がないときはキャッシングのサービスも受けることができないので、日本円の小額紙幣を必要な分だけ両替するとよいでしょう。


観光ジャーナリスト 千葉千枝子

日本の明日を担うインダストリーとしての観光を応援しています。

旅をテーマにさまざまな角度から魅力やノウハウをお届けしています。旅は人生をより豊かにしてくれるツールです。古今東西、老若男女のエネルギーの行く先を、私、千葉千枝子が自信をもってナビゲートします。

【URL】 http://www.longstaystyle.com/
【経歴】 淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。
【著書】 「JTB旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)、「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)など多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。