produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

海水浴中、海の生物(チンクイ)にチクチクと刺された時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2013.07.26

先日、友人と海水浴に行った際に、体がチクチクして、痒くなってしまった時がありました。クラゲではないようなのですが、あのチクチクした生物は一体なんなのでしょうか?またチクチクした生物(チンクイ)に刺された時の対処方法について教えてください。

より悪化する可能性があるので、掻かないようにしましょう。

海水浴で身体がチクチクする現象は、いくつか原因が考えられますが、水着の中で起こる場合は、チンクイ(海中の微小な浮遊生物)と呼ばれるものによることが多いと思われます。エビ・カニ・ヤドカリ等の甲殻類の幼生で水着と皮膚の間に入って痒くなり、発疹の原因になることがあります。


これらは毒があったり人に危害を加えようとしているものではありません。目に見えるか見えないか程の大きさで、成長の過程の段階でトゲのある形状をしていて尖っているため、人間の皮膚に刺さりかゆみや痛みを生じ、皮膚の表面に炎症を起こさせるのです。


チクチクと感じたら、まずは海から上がりましょう。できれば水着などを脱ぎ、すぐに水で流すかシャワーを浴びましょう。肌の露出しているところよりも水着の中などを念入りに洗い流します。


赤い発疹があれば氷水の入った氷のうなどで冷やします。かゆみが強く、発疹の範囲が広い場合は医療機関で治療を受けましょう。むやみに擦らないようにして、絶対に掻かないようにしましょう。有効な予防方法がないため、チクチクと感じたら早めに海からあがることが大切です。


ライフセービング インストラクター 上野真宏

海や河川など水辺の危険を知って、海水浴やレジャーを安全に楽しみましょう。

海水浴にマリンスポーツ、釣りなど海や川には楽しいアクティビティがたくさんありますが 毎年、夏になると水難事故が多く起きてしまうのも悲しい事実です。 水辺の危険を事前にお伝えすることで、1つでも多くの事故がなくなることを願っています。

【URL】 日本ライフセービング協会 http://www.jla.gr.jp/
【所属】 特定非営利活動法人 日本ライフセービング協会 理事・事務局長、 国際武道大学 体育学部スポーツトレーナー学科 非常勤講師

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す