produced by 損害保険ジャパン

トラブル解決術

妊娠中に温泉に入る際の注意点とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2013.03.14 更新2017.03.16

今度、友人たちと温泉旅行に行く予定を立てていましたが、友人の一人が妊娠したことがわかりました!妊娠中は温泉に入らない方がいいのでしょうか?妊娠中に温泉へ入る際の注意点などを教えてください。

妊娠中でも温泉入浴はできますが、安全な入浴のために注意は必要です

妊娠中でも温泉入浴はもちろん可能です。ただし、「禁忌症」という、いわゆる温泉入浴を控えた方がいい症状が、温泉分析書や泉質別適応症などに書かれていますが、そこで「妊娠中(とくに初期と末期)」といった表示があるため、気にされる方も多いのではないでしょうか。


妊娠中が禁忌症にあげられているのは、どの泉質の温泉、という特定の温泉に限ったことではなく、どの温泉にも共通の一般的禁忌症になります。入ってはいけないのではなく、注意が必要ということではありますが、その理由は明確にはなっていないようです。一方で最近は温泉旅館などでもマタニティプランを用意するなど、むしろ需要も供給も高まっているようです。


妊娠の初期には体の変化は少なくても、転んだり急激に体調に変化をもたらすような負荷をかければ流産の危険もありますし、末期では破水が起きやすかったり、貧血をおこしやすかったりするので、やはり普段よりも気をつけるべきポイントは多いでしょう。妊娠中の温泉入浴では以下の事に気をつけて安全な入浴を心がけてください。


・入浴時間や回数は体調を見ながら無理せずに。適度な休憩をとりましょう

・入浴施設が衛生的であり、かつ設備が整っている(秘湯の無人の温泉などではなく)方が安心

・入浴前後の水分補給を忘れずに

・肌が敏感になっていたり、匂いにも敏感になっていることがあるため、刺激の少ない泉質を選ぶと安心です

・お腹が大きくなってくると足元が見えにくく、またバランスもとりにくく転びやすいのでゆっくり丁寧に歩くように心がけ、段差では手すりにつかまるなどして安全に心がけましょう

・万が一のことも考え、病院の連絡先などを控えて出かけると安心です

※気になる方は、産婦人科医の先生に確認をしてから、入浴するようにしましょう。


旅行ジャーナリスト 小暮祥子

安全で楽しい家族旅行・レジャーのお手伝いをします。

旅行ジャーナリストとして安心で楽しい家族旅行・子連れ旅行をご紹介しています。旅先では様々なトラブルに遭遇することがあります。事前の準備をしっかりして安全な旅行をお楽しみください。

【URL】 Travel with kids http://www.travelwithkids.jp/
【資格】 国内旅行業務取扱管理者、 厚生労働省認定 温泉入浴指導員・温泉ソムリエ
【メディア】 All About「家族旅行・子連れ旅行」「伊豆・熱海」、 こどもと一緒に旅しよう!(子連れ旅NEWS、コラム)など連載多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ