produced by 損害保険ジャパン

トラブル解決術

池、崖など危険な場所にボールが入ってしまった時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2011.12.27 更新2017.03.16

先日、グリーンデビューをしたばかりのゴルフ初心者です。最近、先輩たちに連れられていろいろなゴルフ場を周っているのですが、前回行ったところは、高低差があり、少し崖っぽくなっている場所もありました。もし、そのような危険な場所にボールが飛んでしまった時はどのように対処すればいいのでしょうか?

アンプレヤブルを覚えておきましょう。

ゴルフ場の立地は大半が山を造成したところが多く、かなりの高低差があるコースも少なくありません。その為、足場が悪くプレー困難なほどの急斜面が存在したりしています。なるべくその様なところに打ち込みたくありませんが、ゴルフの難しいところはボールのコントロールですので、そうも言っていられません。


どうしてもプレーが困難だと思ったら救済措置としてアンプレヤブルを宣言する事ができます。

アンプレヤブルとはプレーヤーが自己判断によって使う事の出来る措置で、一打罰を払う事によって以下の3つから次のプレーを選択する事が出来ます。


1:元の打った場所に戻ってプレー


元々あったと思われる地点の一番近い場所にドロップ(肩の位置までボールをつまんで上げ、ホールを正面にして真下に落とす事)する。ティーショットだった場合はティーアップする事も可能。


2:ボールのある位置から2クラブレングス(クラブ2本分)にドロップ。


ホールに近づけないところでなくてはいけない。

バンカーの場合はバンカー内にドロップする。


3:ボールとホールを結んだ後方延長線上にドロップ


後方延長線上ならば下がる距離に制限なく下がれる。

バンカーの場合はバンカー内にドロップ。


上記となります。


詳細に関してはルールブックなどを参照していただければと思いますが、あくまでも悪条件で無理やりプレーをする必要はない、ということを覚えておいて下さい。その他のプレー困難と思われる区域にはOBゾーン(アウトオブバウンズの略でコース外という意味)が設けてあり、その場合は1打罰で元の位置から打たなくてはいけないルールがあります。(コースによっては進行を考慮して前進4打目でコースの前にプレーさせるティーグラウンドが別に設けてあるところもあります。)スコアカードやコースの案内図に記載してある場合が多いので確認してプレーに臨んで下さい。


PGAティーチングプロ 関雅史

ゴルフ場での様々なトラブルについてお答えします。

ゴルフショップ「ゴルフフィールズ」の店長をする傍ら、 月間140人以上の方々にゴルフレッスンを行っています。 レッスンを通じてテクニック以外のゴルフ特有のマナーや、 ゴルフに潜む危険についても、きちんと発信していきたいと考えています。

【URL】 ゴルフスタジオ ゴルフフィールズ http://www.golf-fields.com/
【資格】 PGA公認ティーチングプロ
【メディア】 「週刊パーゴルフ」「ゴルフ情報マガジン『Waggle』」「72ヴィジョンGOLF」など連載多数。
【著書】 QPゴルフレッスンBOOK DVD付(白夜書房)

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ