produced by 損害保険ジャパン

トラブル解決術

引っ越しの期間が短い場合のスムーズな対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2015.12.29 更新2017.03.16

この度転勤が決まり、関西から関東へと引っ越しをしなければならないのですが、準備期間が2週間しかありません。何から始めればスムーズにいくのでしょうか。引っ越しの期間が短い場合のスムーズな対処方法について教えてください。

無駄なく動くために「やることリスト」をまとめましょう。

■まず「やることリスト」を作りましょう

2週間という短期間で引っ越しを完了させるためには、絶対にやらなければならないことをピックアップし、無駄なく動く必要があります。気持ちばかり焦って行動が後回しにならないよう「やることリスト」をまとめて、ひとつずつこなしていきましょう。


最初に、現在住んでいる部屋の退去手続と、部屋探しを進めます。管理会社や大家さんに退去する日を連絡しますが、賃貸住宅であれば退去の1~2か月前に伝えるのが一般的。それよりも前に退去する場合は、その間の家賃を支払わなければならないこともあります。契約書等を確認してみましょう。


■急ぎの部屋探しでのポイント

また、急ぎの部屋探しでは、まず絶対に外せない条件をしっかりと絞り込むこと。その上で、不動産情報サイト等を検索し、希望に合う物件を扱っている不動産会社を探しましょう。急ぐときはメールでのやりとりよりも、不動産会社に直接電話をするのがおすすめ。自分の条件を伝えて、希望に合う部屋を複数提示してもらいましょう。メールは24時間利用できる点は便利ですが、やりとりにタイムロスができてしまうこともあります。このときに対応が粗雑だったり遅かったりするのであれば、早めに見切りをつけて、他の不動産会社を当たった方がスムーズに進むでしょう。


■引っ越し業者の選び方

部屋探しと同時に進めていきたいのが、引っ越し業者の選択です。急ぎの引っ越しであれば、荷物の運搬だけでなく、梱包や開梱などまで依頼することもあるでしょう。自分がお願いしたい作業をはっきりとさせた上で、引っ越し業者へ見積もりを依頼しましょう。


複数の引っ越し業者へ一度に見積もりを依頼できるサイトを利用すると便利ですが、多くの業者に依頼すると、一気に連絡がきてしまい、その対応だけで時間が奪われてしまうことがあります。数社に絞って見積もりを取りましょう。急ぎの引っ越しだからこそ、サービス内容も大事です。提示された見積もりの値段だけで判断せず、営業スタッフの対応や、作業員の人数やトラックの大きさ、保証内容などまで細かく見比べて決めることをおすすめします。


■荷造りのコツ

さらに、引っ越し業者に梱包や開梱をお願いしないのであれば、引っ越しが決まった時点で荷造りをはじめていく必要があります。現在使用しているものと引っ越し後すぐに使うものを除いて、どんどんと段ボールに荷物を詰めていきましょう。食材など食べきらなければならないものは早めに食べきり、直前は自炊をせず、惣菜や弁当、外食などで対応した方が荷造りを進められます。食器も、紙皿や紙コップなど使い捨てのものを利用すると楽です。


■ゴミは早めに

ゴミとして捨てていくものは早めの判断をおすすめします。粗大ゴミや家電リサイクル法にかかるゴミは自治体等に回収を依頼しなければならず、急がないと引っ越しまでに間に合わなくなってしまうことがあります。また、集積所に捨てられるゴミであっても、あまりに大量だと粗大ゴミとして扱われることがあるので、注意が必要です。引っ越しまでにゴミの収集が間に合わないときは、引っ越し業者や不用品回収業者にお願いするという方法もあります。


■各種手続きを確認しましょう

引っ越しにまつわる手続きもたくさんあって大変ですが、ガス・水道・電気、また銀行やクレジットカード、電話会社などはインターネットで手続きできることがほとんどです。各社のサイトを確認してみましょう。住民票の移動や印鑑登録の住所変更、国民健康保険や国民年金などは、各自治体の窓口まで足を運ぶ必要があります。まとめて行えるよう手続きの手順や持ち物などを自治体のサイトで確認してください。


また、自動車運転免許証を持っている人は、引っ越し後最初に住所変更を済ませることをおすすめします。その他サービスの住所変更をするにあたって、顔写真付の身分証明書を求められることがあります。顔写真付でないと複数の証明書が必要になることもあるので、そのときに住所変更済みの自動車運転免許証があるとスムーズです。


暮らしのコラムニスト 河野真希

暮らしの中の“困った”を解決するお手伝いをします。

WEBや雑誌等を通じて、料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを目指すライフスタイルを提案しています。暮らしの中で突然起こるトラブルをすばやく的確に解決して、毎日を安全・安心に過ごしましょう。

【URL】 河野真希オフィシャルサイト http://kawano-maki.net/
【メディア】 「MEN'S NON-NO 」(集英社)、「女性セブン」(小学館)、「月刊SPA」(扶桑社)、日本経済新聞、朝日新聞、「ズームイン!!SUPER」 (日本テレビ)出演など多数。
【著書】 「ひとり暮らしの季節ごよみ」(祥伝社)
【監修】 「はじめよう!気持ちのいい暮らし」(PHP研究所)、「これで解決!ひとり暮らしのQ&A」(主婦の友社)他

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ