produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

線路に物を落としてしまった時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2015.05.22 更新2017.03.16

先日、ホームで電車を待っている際、線路にハンカチを落としてしまった人を見かけました。とても困っていたようだったのですが、線路に物を落としてしまった時にはどのように対処すればいいのでしょうか?

線路に物を落としたら、すぐに駅係員に伝えること。絶対に線路へ降りてはいけません。

■駅係員に状況を伝える

駅のホームにも表示がある通り、線路内に物を落としたら、すぐに駅係員に伝えましょう。落下物を拾いあげる器具などが駅には常備されているので、駅係員に早めに伝えて、安全を確認して拾ってもらいます。切符類や携帯電話などの落下物を拾いあげる作業は、駅係員が熟練しています。ホームには、駅係員を呼び出すためのボタンが設置された駅もあります。慌てず、早めに伝えましょう。


■線路には絶対に降りない

携帯電話や財布など大切なものを落としたからといって、絶対、自らが線路に降りて拾ってはいけません。また、人が誤って転落したなど人命にかかわること以外で、ホームにある非常列車停止装置(ボタン)を押してはいけません。列車が緊急停止することで、多くの人が迷惑をこうむり、鉄道会社に多大な損害を与えます。その結果、自らが罰せられたり、鉄道会社から多額の損害賠償請求を受けることにもなります。ご自分の過失で物を落としたのですから、まずは落ち着いて駅係員に伝えるようにしましょう。


また、線路に物を落とさないためにも、ホームではむやみに線路に近づかず、指定の場所で電車が来るのと待つようにしましょう。最近では、ホームドアと呼ばれる転落や列車との接触事故防止のドアが設置されているホームが増えてきていますが、線路付近は大変危険ですので注意しましょう。


観光ジャーナリスト 千葉千枝子

日本の明日を担うインダストリーとしての観光を応援しています。

旅をテーマにさまざまな角度から魅力やノウハウをお届けしています。旅は人生をより豊かにしてくれるツールです。古今東西、老若男女のエネルギーの行く先を、私、千葉千枝子が自信をもってナビゲートします。

【URL】 http://www.longstaystyle.com/
【経歴】 淑徳大学 教授。中央大学卒業後、富士銀行入行。シティバンクを経てJTBに入社。96年に独立、運輸・観光全般の執筆、講演活動を行うほか、TV・ラジオにも多数出演。観光人材の育成に注力する。
【著書】 「JTB旅をみがく現場力」(東洋経済新報社)、「観光ビジネスの新潮流」(学芸出版社)など多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す