produced by 損害保険ジャパン

検索から探す

トラブル解決術

肌を綺麗に保つための、シミの予防方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2014.08.01 更新2017.03.16

最近、シミについて心配です。シミが出てこないように予防したいのですが、どのような方法があるのでしょうか?シミの予防方法について教えてください。

紫外線対策を基本に、生活習慣を見直し、シミのできにくい身体へ。

シミにはさまざまな種類がありますが、もっとも一般的なものが「日光性色素斑」と「老人性色素斑」です。紫外線によってできたメラニン色素が、肌に沈着することで起こります。


紫外線を浴びると、肌内部にある色素形成細胞(メラノサイト)が活性化し、シミの元となるメラニン色素を作り出します。メラニン色素は、通常であれば肌のターンオーバーとともに排出されます。しかし、紫外線ダメージによるメラニンの過剰増殖や、加齢によるターンオーバーの乱れにより、排出しきれずに残ってしまうことがあります。これが、シミができるメカニズムです。


シミを予防するためには、紫外線対策でメラニン色素を作らせないことはもちろん、メラニン色素をスムーズに排出できる肌づくりが大切です。


紫外線を防ぐには、よく知られていることですが、日焼け止めを塗る、帽子や日傘を使用する、などの対策が有効です。日焼け止めは、暑いときは汗や皮脂で流れやすくなるので、一日に数回塗り直すことが大切です。また、冬や天候の悪い日も油断は禁物。量は少なくても、紫外線は確実に降り注いでいますから、一年を通した対策が必要です。


毎日のお手入れでは、刺激の強すぎない洗顔料を使い、汚れや古い角質をきちんと落とすことで、正常なターンオーバーを促しましょう。美白有効成分を配合した美容液などのスキンケアアイテムを取り入れるのもお勧めです。


また、タバコは体内の活性酸素を増やし、色素沈着を起こしやすくするので、美肌のためには禁煙がお勧めです。また、睡眠不足や偏った食生活も、肌の老化を進行させたり、ターンオーバーの遅れにつながります。生活習慣全体を見直し、シミのできにくい身体環境をつくりましょう。


美容ライター 柏木亜衣

美しさと健やかさを保つために役立つ情報をご紹介します。

加齢や環境の変化などによって、身体は変化しています。若々しい美しさと健やかさを保つためには、適切なお手入れが大切です。日々のお手入れに役立ち、また楽しみになるような美容情報をお伝えしたいと思っています。

【URL】 柏木亜衣オフィシャルサイト http://www.aikashiwagi.com/
【経歴】 美容雑誌や女性誌の美容特集のほか、化粧品メーカーの広告やカタログの企画・ライティングを手がけるなど、美容ライターとして幅広く活動中。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す