produced by 損害保険ジャパン

トラブル解決術

洋服がほつれた時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2011.10.25 更新2017.03.16

仕事中に、スカートの裾がほつれてきてしまいました!これから外出があるのですが、すぐにできる衣類のほつれを直す対処方法などはありますか?

外出時には安全ピンや両面テープを使って、応急処置を

● 外出先での応急処置なら…

外出先でスカートやパンツの裾がほつれてしまったけれど、裁縫道具なども持っていないときには、とりあえず手近なもので応急処置をしておきましょう。安全ピンがあれば、ほつれた裾の内側から表に目立たないようにすくって留めておきます。また、両面テープ(跡残りやほつれを避けるため、あまり粘着力の強くないものがおすすめです)で貼っておくというのもひとつの手ですが、いざという時に備えて、普段からソーイングセットを携帯していると安心です。


● まつり縫いを覚えよう

応急処置をしたスカートはそのままにせず、時間のある時に、きちんと繕っておきましょう。そのまま洗濯してしまったりすると、ほつれが広がって、生地が傷むこともあります。

ほつれた部分の糸を引っ張らないようにして、裾上げ部分より大きめに(ほつれていない部分の両端をそれぞれ5cm程度重なるように)縫っていきます。

針を裏側に出したら、少し先(5~8mm程度)の表の生地をほんの少しだけすくいます。あまり多くすくうと、表から見た時に目立ってしまうので、注意してください。この作業を繰り返すと、裏側からは斜めに糸が通っているように、表からは小さな縫い目がちょんちょんと出ている状態になりますが、ほとんど見えません。


● アイロンテープを使おう

縫いものが苦手という人はアイロンテープ(裾上げテープ)を使うという方法もあります。裾上げが必要な部分に乗せ、上からアイロンをかけるだけで接着されるという便利なテープですが、もう一度剥がそうとしても取れなくなったり、取ったあとの接着剤が目立ってしまうといったトラブルもあるので、注意が必要です。

なお、自分では直せないものや大事な洋服などは、洋服のリフォーム店やクリーニング店などで裾上げを頼むこともできます。お金はかかりますが、プロの仕上がりに納得できるはずです。


暮らしのコラムニスト 河野真希

暮らしの中の“困った”を解決するお手伝いをします。

WEBや雑誌等を通じて、料理や家事、インテリアなど、気持ちのいい暮らしを目指すライフスタイルを提案しています。暮らしの中で突然起こるトラブルをすばやく的確に解決して、毎日を安全・安心に過ごしましょう。

【URL】 河野真希オフィシャルサイト http://kawano-maki.net/
【メディア】 「MEN'S NON-NO 」(集英社)、「女性セブン」(小学館)、「月刊SPA」(扶桑社)、日本経済新聞、朝日新聞、「ズームイン!!SUPER」 (日本テレビ)出演など多数。
【著書】 「ひとり暮らしの季節ごよみ」(祥伝社)
【監修】 「はじめよう!気持ちのいい暮らし」(PHP研究所)、「これで解決!ひとり暮らしのQ&A」(主婦の友社)他

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ