produced by 損害保険ジャパン

トラブル解決術

発熱の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2012.03.30 更新2017.03.16

急な発熱の時の対処方法を教えてください。もし、身近に薬が無い時はどのように対応すればいいのでしょうか?

無理に熱を下げようとする必要はありません

熱の高さにもよりますが、風邪症状に伴ってみられる発熱は、細菌やウイルスなどを退治しようとして体が正常に反応して起きるものですので、無理に熱を下げようとする必要はありません。38.5度以上の熱があり、体がつらい場合は解熱剤を使用してもかまいませんが、熱があるから必ず解熱剤を服用しなければいけないというものではありません。


スポーツドリンクやお茶など、体に負担がかからない水分をしっかりとって、体を温かくして安静にしましょう。熱が高くてつらい場合は、氷をタオルなどでくるんでわきの下や首を冷やすと楽になります。おでこや頭を冷やすのはあまり意味がありません。体がつらくなければ入浴はしてもかまいませんが、入浴後に体が冷えないように注意が必要です。体を洗ったり洗髪したりはせずに、心地よいと感じる温度で10~15分程度ゆっくり温まるようにしましょう。


38.5度以上の熱が丸1日以上続く場合や、いったん解熱しても再度発熱したりなど3日間以上発熱を繰り返す場合は受診してください。また、インフルエンザの流行時期に38度以上の発熱があった場合は、学校や会社など集団生活に入る前に受診し、インフルエンザではないかを確認しておく必要があります。高い熱ではなく、37度台の微熱が続く場合は、膠原病や血液疾患など、単なる感染以外の病気が隠れている可能性も考えられます。特に、咳や鼻水といった一般的な風邪症状がないのに発熱が続く場合は早めに内科を受診しましょう。


産婦人科医 清水なほみ

心と体の健康を自分の力で取り戻す方法を、一緒に考えていきたいと思います。

女性特有の病気を中心に日頃の不調を改善するためのアドバイスをいたします。 病院に行きづらいという患者さんの悩みを、現役医師の知識を活かしてサポートします。

【URL】 ポートサイド女性総合クリニック~ビバリータ~  http://www.vivalita.com/index.html
【資格】 日本産科婦人科学会専門医、 日本不妊カウンセリング学会認定カウンセラー

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ