produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

車のスピードが出ない時の対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2011.06.21 更新2017.03.16

AT車で信号待ちをしていました。発進しようとした際に、アクセルを踏んでも時速30キロ程度しか出なくなってしまいました! 故障でしょうか?また、突然加速ができなくなった場合、安全に対処するにはどうしたらいいでしょうか?

水温が低いと速度がでませんが、オーバーヒートも考えられます。

色々なトラブルが考えられますが、エンジンはコンピューターで制御されているので、何か異常を感じているのでしょう。寒い冬ならエンジンが冷えていると速度を出さないように制御する場合があります。あるいはオートマッチックが二速にシフトアップせずに速度がでないことも考えられます。


低い速度で走れるなら、そのままカーディーラーか整備工場まで移動しましょう。高速道路ではハザード(四点フラッシャー)を点灯し、非常用の側道帯を使ってインターチェンジまで移動しましょう。一般道にでたら、ロードサービスを呼ぶか、あるいは自走でカーディーラーか整備工場まで走ります。水温計など計器を見ながら移動します。また自動車保険によっては、ロードサービスが付いている場合もありますので、加入している自動車保険の補償内容を確認してみましょう。



モータージャーナリスト 清水和夫

環境問題という点から車とエコについて解説します。

国内外の耐久レースで活躍する一方、モータージャーナリストとして自動車の運動理論や安全性能を専門にしつつ、最近ではクルマ好きが考える安全と環境をライフテーマとして執筆しています。

【URL】 http://kaz-administration.blogspot.com/
【メディア】 「ディーゼルこそが、地球を救う」(ダイヤモンド社)、「車安全学のすすめ」(NHK出版) 、「モーターマガジン」「ENGINE」「GENROQ」などで連載中、TV番組のコメンテーターやシンポジウムのモデレターとしての出演も多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

検索から探す