produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

自転車のチェーンが外れたときの対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2017.02.10 更新2018.01.23

買い物に行くときなど、自転車をよく利用しているのですが、以前、急に自転車のチェーンが外れたことがありました。近くに自転車店があればいいのですが、遠出の時や近くに自転車店がないときに自転車のチェーンが外れたときはどう対処すればいいのでしょうか?

自転車のチェーンが外れたときのチェーンの戻し方をご紹介します。

自転車のチェーンが外れた場合は、前後どちらのギアからチェーンが外れたかによって対処法が異なります。動画を参考に、チェーンが外れたときの対処方法を確認していきましょう。



前側のギアからチェーンが外れたときの対処法


まず、振動や衝撃を受けて外れることが多い、前側のギアからチェーンが外れた場合の説明をします。


(1)変速機の位置をあわせる
チェーンが外側に落ちた場合は最も大きいギア、内側に落ちた場合は最も小さいギアに変速機の位置をあわせます。


(2)外れたチェーンをギアにかける
外れたチェーンを手で持ち上げ、前側のギアにかけます。
この際、木の枝などを利用すると、手を汚さずに済みます。


(3)ペダルを後ろに回す
チェーンがギアにしっかりかかったら、ペダルをゆっくり逆方向へ半回転させます。


(4)手の油汚れを落とす
ウェットティッシュを持参しておくと、チェーンを手でかけたあとに汚れをサッと拭くことができます。


なお、シティサイクルなど、前側のギアがチェーンケースで覆われている場合は、ペダルを支えている棒(クランク)の内側にある蓋を外すところから始める必要があります。
面倒な場合は自転車店に持っていくといいでしょう。


後側のギアからチェーンが外れたときは、自転車店に持っていきましょう


多段ギアの場合、きちんとチェーンや変速機が調整されていれば、後側は滅多にチェーンが外れることはありません。
万が一チェーンが外れてしまった場合には、自転車店に持っていくことをおすすめします。


後側のチェーンがよく外れるときの対処法


多段ギアの自転車で後側のチェーンがよく外れる場合は、可動範囲を決める「ストローク調整」を行う必要があります。


変速機にはH(High/小さいギア側)とL(Low/大きいギア側)の二つのボルトがあり、それぞれ締めると可動範囲が狭くなります。


外側へ落ちるということはギアの位置よりも変速機が外側へはみ出していることになるので、外れた側のボルトを締めてはみ出しをなくします。
後側のギアは前側のギアと異なり、原因を取り除かない限りチェーンは何度でも外れます。


また、シングルギアでよく外れる場合は、チェーンの緩みが考えられますので、こちらもチェーンをピンと張る調整が必要です。いずれも、チェーンの処置に自信がない場合は、プロに頼んできちんと調整してもらった方が安心ですね。


外れたチェーンを戻すときのポイント


自転車のチェーンを手早く戻すには、以下に注意します。

・ねじれの確認

・引っ張る力


チェーンをギアにかける際、ねじれがあると、正しくチェーンをかけることができません。まずはチェーンにねじれがないか確認しましょう。


また、ギアにかけようとチェーンを引っ張るときには、力の加減に注意しましょう。
ねじれた状態で強く引っ張るとチェーンが切れてしまう場合があります。


チェーンのトラブルを防ぐには


自転車のチェーンが外れてしまう原因の多くは、チェーンの緩みです。
外出先で急にチェーンが外れてしまうということがないよう、自転車に乗る前の事前点検や乗ったあとのメンテナンスを行いましょう。


自転車の事前点検



空気やブレーキなどを確認したら、車体全体の確認をします。
※空気やブレーキの確認は動画を参考にしてください。


ハンドルを握って、車体を数cm持ち上げ、地面に落とします。
がたつきや緩みを感じたらメンテナンスをしましょう。


自転車のメンテナンス


[洗浄]
チェーンを洗う際には、専用のクリーナーを使うと便利です。
チェーンクリーナーをセットし、ペダルを回します。メンテナンスの目安期間としては、半年に一度以上がいいでしょう。


[注油]
続いて、注油をします。
専用のオイルを用意したら、チェーンのつなぎ目一つ一つにオイルを垂らします。
注油をすることで、チェーンが錆びにくく、回転がスムーズになります。
なお、古い油が残っていると効果が期待できませんので、古い油をふき取ってから注油するようにします。


自転車のチェーンは1年で数cm緩んでしまうこともあるそうですので、時々チェーンの長さを確認するようにし、緩みを感じ始めたら自転車店などでチェーンを交換してもらうと安心です。


チェーンが外れたとしても、自分で直すことができますので、焦らず対処し、そのあとはチェーンが外れた原因を探ってそれに応じた対策をしましょう。


自転車ツーキニスト 内海潤

交通ルールをしっかり守って、安全で楽しい自転車ライフを。

自転車はエコで健康的な乗り物です。手軽な反面、そのルールがあまり知られていないという事実もあります。正しい交通ルールを知って、安全な健康的な自転車ライフを送りましょう。

【URL】 TOKYOツーキニスト http://tokyo-tookinist.com/
【経歴】 NPO法人 自転車活用推進研究会 理事、 練馬区自転車駐車対策協議会 委員
【メディア】 TBS「はなまるマーケット」、フジテレビ「スーパーニュース」、 テレビ朝日「ワイド!スクランブル」などテレビ出演多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す