produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

自転車を運転する際の主なルールとは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2012.03.30 更新2017.03.16

最近、自転車の運転方法が見直されています。私も自転車をよく利用するので、きちんとしたルールを知っておきたいと思っています。自転車を運転する際の主な交通ルールを教えてください。

意外に知られていない自転車のルールをご紹介します。

自転車を運転する上で、禁止されている主な10項目を挙げます。

1) 携帯電話の使用→3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

2) ブレーキが故障したまま乗る→5万円以下の罰金

3) ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴きながら走る→5万円以下の罰金

4) 傘をさして走る→3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

5) 信号無視・一時不停止→3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

6) 並進(並進可の標識があれば2台まで並んで走行できます)→2万円以下の罰金または科料

7) 二人乗り→2万円以下の罰金または科料

8) 歩行者の脇を猛スピードで追い越す→3カ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

9) 夜間の無灯火→5万円以下の罰金

10) 飲酒運転→5年以下の懲役又は100万円以下の罰金


よく「自転車のマナーを守りましょう」と書かれたポスターなどを見かけますが、自転車の運転にマナーはなく、すべて罰則があるルールです。正しく理解して安全に乗りましょう。2)のブレーキ故障にはブレーキの整備不良も含まれます。ピストバイクなど買った後でブレーキを外して乗る人も増えていますが、違反なので気を付けましょう。4)の傘をさして乗ることは片手運転だけでなく、固定器具に取り付けても違反です。風に煽られたり視界が遮られたりするほか、傘には突起物がありますので危険です。10)の飲酒運転もやってしまいがちですが自転車も厳禁です。「飲んだら乗るな」です。会社に置いて帰りましょう。


自転車ツーキニスト 内海潤

交通ルールをしっかり守って、安全で楽しい自転車ライフを。

自転車はエコで健康的な乗り物です。手軽な反面、そのルールがあまり知られていないという事実もあります。正しい交通ルールを知って、安全な健康的な自転車ライフを送りましょう。

【URL】 TOKYOツーキニスト http://tokyo-tookinist.com/
【経歴】 NPO法人 自転車活用推進研究会 理事、 練馬区自転車駐車対策協議会 委員
【メディア】 TBS「はなまるマーケット」、フジテレビ「スーパーニュース」、 テレビ朝日「ワイド!スクランブル」などテレビ出演多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す