produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

トラブル解決術

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

自転車の鍵を紛失してしまったときの対処方法とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2012.03.30 更新2018.01.23

子どもが自転車の鍵を紛失してしまいました。すでにスペアキーを使用していたので、もう予備の鍵がないのですがどうしたら良いのでしょうか?また、外出先で自転車の鍵を紛失してしまった際の対処方法も教えてください。

鍵ナンバーの控えを確認し、同じナンバーの鍵を注文します。ナンバーの控えは大切に保管しておきましょう。

自転車の鍵を紛失してしまったときの対処方法


同じ鍵ナンバーの鍵を注文する
自宅にいて自転車をすぐに動かす必要のない場合は、鍵ナンバーを控えていないか確認しましょう。


鍵ナンバーは、保証書や、自転車を購入した際にスペアキーと一緒に付いている金属タグやプラスティック・カードに記載があります。鍵ナンバーがわかれば、自転車のメーカーによっては有償で、同じ鍵を注文することができる場合があります。


注文するときには、その自転車を買った自転車店や、自転車と同じメーカーの取り扱いがある自転車店に行ってお願いするといいでしょう。自転車のメーカーや種類によっては注文できない場合もあります。


自転車店で錠前を壊す
鍵ナンバーが見つからない場合や、外出先で自転車の鍵を紛失した場合は、自転車店で錠前を壊してもらうことが可能です。


ただし、自転車を持って行き「錠前を壊してほしい」とお願いしても、盗品の可能性が考えられることから、すぐに対応してもらえない場合があるので、身分証明書を持参するようにしましょう。
また、その際には防犯登録を事前にしてあるとさらにスムーズに対応してもらえます。防犯登録書も一緒に持参するとよいでしょう。


防犯登録の方法
自転車の防犯登録は基本的に自転車を購入したときに自転車店で行ってくれます。
自転車をネットで購入した場合は、「自転車防犯登録所」の看板のある近くの自転車店に持って行きましょう。登録料はおよそ500〜600円で、その場ですぐに登録してもらえます。


ワイヤー錠は自宅で切断も
スポーツバイクによく使われる直径1cm程度のワイヤー錠の場合は、ワイヤーカッターがあれば自宅で切断できます。ワイヤーカッターはホームセンターなどで購入できます。


オートバイ用などワイヤーカッターでは切れないような太くて重い錠前を使う場合は、スペアキーを紛失しないようにしましょう。


自転車の鍵の紛失対策


暗証番号で開けるタイプの錠前を選ぶ
鍵を紛失してしまいそうな人は、数字の組みあわせで開くタイプの錠前はいかがでしょうか。鍵がないので紛失することもありません。ただし、このタイプの錠前は他人に開けられやすく、また、夜間など暗い場所では開けづらいため、それぞれの特徴を理解して選びましょう。


事前にスペアキーを作っておく
町の合鍵屋さんに持って行き、事前に自転車の鍵をコピーしておくという方法もおすすめです。スペアキーは大切に保管しておきましょう。鍵の種類によってコピーできないものもあるので、合鍵屋さんで確認するようにしてください。


錠前の特徴を理解して選ぶ


それぞれの錠前の特徴を理解して、自分にあった自転車の錠前を選ぶようにしましょう。
ワイヤー錠は太いと重くなりますので携帯性が落ちます。安全性と重量のバランスを考えると細いタイプを複数所持した方が良いでしょう。


必ず防犯登録しておこう!


防犯登録は、自転車の所有者を明確にするものです。
自転車店で錠前を壊してもらうときや、自転車を失くしてしまったときなどにこの防犯登録が役に立ちます。


防犯登録書を大切に保管し、鍵ナンバーの控えも一緒に保管しておくと安心です。また、自転車は定期的なメンテナンスも必要になることから、家の近くに、行きつけの自転車店を見つけておくことをおすすめします。今回のような自転車の鍵の紛失といった「もしものとき」も、行きつけの自転車店があると安心ですね。


自転車ツーキニスト 内海潤

交通ルールをしっかり守って、安全で楽しい自転車ライフを。

自転車はエコで健康的な乗り物です。手軽な反面、そのルールがあまり知られていないという事実もあります。正しい交通ルールを知って、安全な健康的な自転車ライフを送りましょう。

【URL】 TOKYOツーキニスト http://tokyo-tookinist.com/
【経歴】 NPO法人 自転車活用推進研究会 理事、 練馬区自転車駐車対策協議会 委員
【メディア】 TBS「はなまるマーケット」、フジテレビ「スーパーニュース」、 テレビ朝日「ワイド!スクランブル」などテレビ出演多数。

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

この記事に関連するタグ

検索から探す