produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

アドバイス一覧

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

働く独身女性の理想的な貯金額とは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2015.03.30 更新2017.07.26

社会人から数年たち、地道に貯金をしているのですが、なかなか貯まらずにいます。同世代の働く女性は、どれくらいの貯金額を貯めているのでしょうか。働く独身女性の給料の使い方、内訳について教えてください。

働く女性の平均的な貯金額と一般的な支出から比較して家計を見直しましょう。

■収入の部

月給 235,000円  賞与 41,000円 その他 3,000円

収入計 279,000円


データは、すべて1ヵ月あたりの平均なので、賞与は年間でみると、49.2万円です。税引き前の年収が、335万円くらいの働く独身女性をイメージしてみてください。


■支出の部

それでは、働く独身女性の給料の使い方、内訳を分析します。項目が多いため、4ブロックに分けて見ていきます。


1.基本支出

食費 37,000円  家事用品費 4,000円 被服費 10,000円  水道光熱費 9,000円  通信費 6,000円

計 66,000円


生活に欠かせない支出項目です。ゼロにはできない支出ですが、例えば、ランチを手作りにする、こまめに電気を消すなどによって、ある程度の節約ができるかもしれません。特に、資源やエネルギーの無駄をなくすことは、エコ的な観点からもぜひ取り組みたいところです。


2.固定支出

住居費 41,000円 交通費 7,000円 自動車関係費 10,000円 保険料 4,000円

計 62,000円


毎月必ず発生し、かつ負担感のある項目です。車がないと生活できない地域の方は、車が必須になるものの家賃は抑えられ、一方、交通が便利な地域の方は、家賃が高めになるはずです。なお住居費の平均には、家賃・地代を支払っていない世帯、約25%のデータも含まれます。


3.変動支出

教養娯楽費 19,000円 理美容費 8,000円 交際費 11,000円 保健医療費 4,000円 その他 4,000円

計 46,000円


比較的変動の大きい項目を集めてみました。教養娯楽費には、例えば、旅行の費用も含まれます。旅行に年12万円使った場合は、月々は9,000円のイメージになります。生活に潤いを持たせるためには、趣味の支出も必要ですが、衝動買いには注意してください。


4.公共支出

税金 17,000円 社会保険料 32,000円

計 49,000円


給与天引きなので、削減の難しい項目です。ただし、年末調整の各種控除などで、税金の還付額は変動します。申告もれがないかチェックしてみてください。


支出計 223,000円


収入計-支出計= 貯金 56,000円


実際には、お金の借入、返済のやりくりをしている人もいますが、ここでは、収入と支出の差額がそのまま貯まると仮定しました。働く独身女性の貯金の平均は、年67.2万円、例えば、月々4万円なら、賞与からは、19.2万円を貯金しているイメージになります。


ご自身の家計と比較して改善に役立ててみてはいかがでしょうか。


出典:総務省統計局(家計調査年報(家計収支編)平成25年(2013年)

(http://www.stat.go.jp/data/kakei/2013np/index.htm

(最終確認:2015年3月20日)


ファイナンシャルプランナー 森本 直人

マネー管理の基礎から応用まで。家計相談のプロがお伝えします。

有料による家計相談実績は、100世帯以上。実務家ファイナンシャルプランナーがあなたの家計をアドバイスします。暮らしを守り、豊かにするための本格的マネー管理をぜひ実践してみてください。

【URL】 森本FP事務所オフィシャルサイトhttp://www.morimoto-fpj.com/
【資格】 日本ファイナンシャル・プランナーズ協会会員  CFPR
【メディア】 危ない投信乗り換え商品(サンデー毎日)取材協力、親の資産管理をサポート(日本経済新聞)取材協力

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

検索から探す