produced by 損保ジャパン日本興亜

検索から探す

アドバイス一覧

  • SONPOホールディングス損保ジャパン日本興亜

結婚式に相応しいアクセサリーとは?

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

2015.07.23

来月、友人の結婚式に出席する予定です。着て行く服装はきまったのですが、アクセサリーがまだきまっていません。結婚式・披露宴にふさわしいアクセサリーについて教えてください。

昼は光を控えめに、夜は適度に輝きのある華やかさのあるものを。

結婚式や披露宴などのシーンで、女性ゲストの服装に華やかな彩りを与えてくれるのがアクセサリーです。ただ、華やかであれば何でもよいわけではなく、時間帯に応じてより相応しいものがあるので、この機会にぜひ覚えておきましょう。


欧米のフォーマルの服装のルール(プロトコール)には、昼間は光を抑えたコーディネート、夜は輝きのあるコーディネートという原則があります。日本の場合は少々ルールが異なるのであまりとらわれる必要はありませんが、上品なコーディネートの参考として有効です。


■昼間の結婚式・披露宴

太陽の出ている時間帯ならば、あまりキラキラしていないアクセサリーを選ぶようにしましょう。中でもパールは、品も良く結婚式、披露宴で定番なアイテムです。


また、日中の挙式、披露宴では露出を抑えるコーディネートが大切なので、ショールやボレロ、ジャケットなどの羽織りものも必須アイテムです。ただし、羽織りものがずれてしまって常に直しているようなことがないように、動きやすいものを選びましょう。羽織ものをとめるためにコサージュなどのアクセサリーを使うときちんとした印象を受けます。


■夕方以降の結婚式・披露宴

夕方以降の時間帯は、キラキラと光るアクセサリーでよいとされますが、あまり派手すぎるものは相応しくありません。ダイヤやラインストーンなども夕方以降ならOKです。また、パールは万能なアクセサリーなので、夕方以降でも問題ありません。


また、あくまで主役は新郎新婦です。新郎新婦よりも目だってしまう服装、花嫁と被ってしまう装いはさけましょう。特に、ティアラや生花などいったヘッドアクセサリーは花嫁ならではのもの。ゲストとして参列する場合は、避けるようにしましょう。


ウエディングナビゲーター 清水 恩

結婚式や披露宴の準備に役立つ情報をご紹介します。

自分たちだけでなく、家族にとっても大切な結婚式。夢や希望はもちろんですが、どんな段取りで結婚式の準備を進めればよいのか、わからないことだらけですよね。でもせっかくの一生に一度のビックイベント!準備も楽しみながら進めていきましょう。

【URL】 http://www.prima-fraucommunity.com/
【経歴】 プロデュース会社を経て独立。コンサルティングやプランナー養成に従事し、2007年に Prima! を立上げフリーウェディングプランナーとしての活動を開始。カウンセリングから希望のスタイルに導くウェディングサポートに定評がある。結婚式に関する執筆や監修でも活躍中。
【メディア】 監修:「自分婚」(講談社)、「日本の結婚式」「日経レストラン アニバーサリー&ウェディング」など多数

※上記に関するご質問、お問合せは、原則受付けておりませんのであらかじめご了承ください。

検索から探す